脚のむくみ、冷え

女性に多い悩みに、脚のむくみや冷えがあります。

 

それにはさまざまな原因が考えられますが、その中でも血流やリンパの流れが悪くなっている事が特に多い原因だと考えられます。

 

なぜ、脚の血流やリンパの流れが悪くなってしまうのか。

 

それは、運動不足か歩き方が正しくないからです。

 

ふくらはぎのメカニズムを説明致します。

 

ふくらはぎには、ヒラメ筋、腓腹筋(ひふくきん)があり、その総称を下腿三頭筋(かたいさんとうきん)と言います。

 

奥側がヒラメ筋、手前側が腓腹筋になっていて、下はヒラメ筋と腓腹筋の腱がくっついてアキレス腱になっています。

 

腓腹筋は、内側と外側2つの筋肉になっています。

 

腓腹筋の2つの筋肉の真ん中を静脈やリンパが通っています。

 

 

 

人の体は、心臓の働きにより全身に血液が送られています。

 

1分~2分程度の時間で、動脈を通って酸素や必要な物が配られて、静脈を通って二酸化炭素や老廃物や疲労物質が戻され循環しています。

 

しかし、脚は心臓から遠く重力もかかるため、立っている時、体内の血液は約70%が下半身にあり、下には送られやすいが、上には送りづらくなっています。

 

動脈は脚に行きやすいが、静脈は上に戻りづらくなっているのです。

 

脚に溜まった老廃物や疲労物質が戻されづらいのです。

 

さらに静脈の流れが悪いとリンパにも負担がかかります。

 

それが、脚がむくみやすい、冷えやすい原因なのです。

 

 

そこで、腓腹筋が心臓の代わりにポンプの働きをして、血液やリンパ液を押し上げます。

 

足首を曲げたり、伸ばしたりすると、腓腹筋に力が入ります。

 

足首を伸ばすと腓腹筋は、ゆるみます。

 

 

足首を曲げると腓腹筋は、伸ばされ、ぎゅっと力が入ります。

 

 

ぎゅっと力が入った時に静脈やリンパが押し上げられます。

 

この動きは、歩行の動きと一緒なのです。

 

つまり、人は何気なく歩いているだけで、自然と腓腹筋がポンプの働きをして、老廃物や疲労物質が脚に溜まらないように重力に逆らって流しているのです。

 

さらに、筋肉に力が入り、ぎゅっとなった時に、筋肉の中に溜まっている老廃物や疲労物質が静脈やリンパへ流れているのです。

 

この、腓腹筋の筋運動によるポンプの働きを、ミルキングアクションと言います。

 

腓腹筋の筋運動で、しぼりあげる様子が、搾乳に似ているそうです。

 

むくまないように、冷えないようにするには、歩く事が大事です。

 

しかし、ただ歩けばいいのではありません。

 

足首が動いてなければ、ミルキングアクションは起こりません。

 

例えば、厚底の靴やサンダル、ハイヒールなどを履いていると、歩いていてもあまり足首は動かずに、膝と股関節で歩いているような動きになってしまいます。

 

または、膝を高く上げずにかかとを擦るような歩き方をしても、あまり足首は動きません。

 

それ以外にも運動不足の方や、仕事や家事で長時間立っている方は、足首が硬くなってしまい、足首があまり曲がらなくなってしまっている事も多いです。

 

さきほどご紹介しました、正しい歩き方と同じ事が言えるのです。

 

さらに、腓腹筋には、面白い特性があり、膝が曲がっていると、力が入らないような構造になっています。

 

皆様もやってみて下さい。

 

膝を曲げてふくらはぎに力入れるのと、膝を伸ばしてふくらはぎに力入れるのとで比べてみて下さい。

 

車の運転席も、この特性を理解しているので、シートの位置は、膝が少し曲がる所に合わせるようになっています。

 

シートが遠くて膝が曲がらずに脚をピンと伸ばして運転すると、力が入りすぎてしまい、急発進、急ブレーキになってしまい、非常に危険です。

 

歩いている時に、地面を蹴る時にしっかり膝の裏が伸びていないと、腓腹筋に力が入らないのです。

 

正しい歩き方、立ち方をしていないと、痛み、むくみ、冷え、疲れなど、さまざまなトラブルが起こってしまいます。

 

当院は背骨や骨盤の矯正だけでなく脚部もしっかり矯正し、足首や膝や股関節が硬く可動域が狭くなってしまった方には、可動域を広くするような矯正やストレッチを行います。

 

頑張っている貴方の脚を応援します。